お店のサイトで使う逆SEO対策

検索結果は上位に行けば行くほど良いというのは誰もが思うことだと思いますし、実際にホームページを作った時には必ず上位表示されるように試行錯誤をされると思いますが、実際にそれが仇になるという例もあります。それが、ホームページを商用に使っているお店や飲食店などで、【地名】+【レストラン】と検索した時に上位表示されると効果的な場合よりも飛ばされて下のクチコミサイトを見てしまうという傾向にあります。検索結果の上位にいきなりレストランのサイトがあると、商売気が強いという様に感じ、敬遠するのです。それよりも口コミサイトで上位に表示されていれば、他の人の意見を客観的に見ることができるので信用度が上がるのです。結局そこ貼ってあるお店のURLをたどってそのレストランにたどり着くので、印象良くサイトを見ることが出来ます。検索上位表示するにはいくつかの条件がありますが、その条件を少し弱くしていく、こういう逆SEOの使い方もあるのです。

逆SEOについての記事

逆SEOと言う言葉の意味を知っている人は恐らく少ないと思います。この言葉の意味についてですが、人に知られたくないWEBサイトの検索順位を下げる対策のことを意味します。これはインターネット上での誹謗中傷対策の中でも最も重要な施策になっているそうです。これにどんな利点があるのかと言うと、例えば企業や個人名を風評被害から守ると言うことなどが上げられます。本人が望んでいないところで本当のことであれうその事であれ、話や噂と言うものは広がってしまうものです。ましてや今はインターネットと言う環境がありますから、その広がるスピードもとても速くなっていると思います。一度広がってしまうとそれを止めるのはなかなか難しいことですが、そのためにこうした対策があるのだと思います。発言の削除なども可能だとは思いますが削除よりも対策専門の会社に依頼するのが一番周りに影響しにくいそうです。

有効といわれている逆SEOの手法

検索結果で、自分のサイトよりも上にいるライバルサイトに対し、SEOの手法とは逆のやり方で、順位を下げさせる逆SEO。いったいどんな方法で、ライバルサイトの順位を下げることができるのでしょうか?一番よく言われている手法は、ペナルティサイトからの被リンクです。この場合、逆SEOを仕掛ける側はわざとペナルティサイトを作ります。ペナルティサイトとは、グーグルが検索結果にインデックスすることを不適当とするサイト。検索順位がものすごく低いか、検索結果に出てこないようなサイトです。どんなサイトがペナルティサイトになるかというと、不自然な自演被リンク数、多サイトからのコピーページが多数存在しているようなページです。このサイトから、ターゲットのライバルサイトに対してリンクを貼ります。どんどん、同じようなペナルティサイトからライバルにリンクを貼れば、ライバルサイトがペナルティサイトと見なされ、結果的に検索結果が大幅に下落、もしくは検索から除外されるということになります。

インターネットの誹謗中傷でお悩みの方は気軽にご相談ください。WEBに氾濫する誹謗中傷や個人情報の漏えいなどのリスクの対策を行います。ネット風評が企業に与える影響をレポートしました。確かな実績でお客様のご要望にお応えしていきます。WEBリスク対策業界実績No.1を誇る逆SEO対策サービスです。被害を被っていないか定期的に監視する風評監視サービスがございます。逆SEOならシエンプレへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

聞きなれない逆SEOについて調べました