自分の商品を守るためにも逆SEOを

SEOという言葉は知っていて、内容もわかっている人も多いですが逆SEOとなると意外と知らない人も多いです。一般的に特定のサイトの検索順位を下げる為に行われる対策です。例をあげれば、自分の販売している商品が検索順位の高いページで中傷されているとします。するとその商品はそのページのせいで売れにくくなる恐れがあります。そのページをなるべく見られない様にする為には検索順位を下げる必要があります。ですから沢山のその商品のページを作成し、そのページの検索順位を下げるというのが逆SEO対策となるのです。方法としては他にもあります。検索エンジンがそのページをスパム行為のページと思わせる方法です。これはSEOを知っている人なら簡単に出来ると思います。非リンクを大量にかけたり、コピーページを大量に作ったりです。そうする事で自分の商品を守る事が出来るのです。

逆SEOが会社を救う

もし万が一、あなたの会社がインターネットの掲示板などに、臨まない情報を書き込まれたら困りますよね。悪意のある書き込みでなくても、他者が間違って書き込んだ情報が、間違っている場合もあるのです。でも、普通の方にとっては、いったんインターネットに流れた情報は、削除するのは相当に難しいものです。ITスキルの高いプロフェッショナルが専門的な技術や逆SEOなどの手段を講じることによって、削除の手続きや、その書き込みを人目に触れさせないようにすることが出来ます。もちろん、その逆SEOの対策の中には、あなたの会社をイメージアップさせるためのポジティブメッセージの公開も含みます。逆SEOによって、マイナスの危険性をプラスに変えることだってできるのです。むしろさらなる業績の向上だって行なえるかもしれません。インターネットの書き込みは恐れるに足らず、逆に活用してしまいましょう。

風評被害を抑える為に逆SEO

インターネットと言うのはとても便利な物です。宣伝をする時に、インターネットを活用するのは当然になっているのではないでしょうか。ホームページを作成しているのは、当たり前ですよね。しかし、あるトラブルによって、誹謗中傷を受けてしまうケースがありますよね。そういったホームページも沢山あるのではないでしょうか。それを考えたならば、まずは、ホームページを検索して上位に出ないようにするのが、対策としてあるのではないでしょうか。つまり、逆SEOと呼ばれる物です。削除が簡単かもしれませんが、なかなか出来無いというケースもあるかもしれません。言論の自由等がありますよね。企業名や、個人名で、謂れ無き中傷を受けているのでしたら、この逆SEO対策が効果的なケースが多いので、考えてみてはいかがでしょうか。風評被害を減らしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あなたがもし交通事故にあって損害賠償が発生したら