離婚をお考えの方のために~弁護士6サイト~


トップ > 離婚弁護士について > 離婚弁護士に対する依頼料金はどうなるのか

離婚弁護士に対する依頼料金はどうなるのか

 専門家に仕事を依頼しますと、所定の料金を払う事になります。具体的にどういう料金を払う事になるか、気になっている方々も多いです。離婚弁護士に依頼する時にも、料金の支払いはあります。複数の料金がある訳ですが、その1つが相談料です。弁護士に仕事を任せる前段階では、まず相談を受ける事になります。その際に、相談料金を支払う事務所も多々ある訳です。料金は、おおむね30分単位で発生する事になります。30分ごとに5000円ほど払う事になる事務所が目立ちます。ですから相談時間が1時間半なら、15000円を払う訳です。ただし、それも事務所によって異なります。最近では、相談料金を無料に設定している事務所も数多いです。できるだけ費用を抑えたい時には、無料相談が可能な事務所がおすすめです。

 それで弁護士に相談をした結果、最終的には仕事を任せることになったとします。その際には、また別途で費用を払う事になる訳です。いわゆる着手金です。この費用は、あくまでも弁護士が仕事を引き受けた時だけ払う事になります。相談のみで終了になった時には、着手金を払う事はありません。着手金の具体的な数字は、25万円目安になります。この数字は、弁護士の事務所によって違いはあります。20万円前後に設定されている事務所もあれば、30万円近い料金になる事務所もあります。ただし、状況によっては着手金が若干低めになる事例もあります。離婚の状況も色々なパターンがある訳ですが、継続になっている時などは、着手金が減額される場合があります。その逆に、着手金が追加される事例もあります。どちらになるかは、状況次第です。

 それで弁護士に仕事を任せた結果、最終的には離婚の手続きが無事完了したとします。それで最終的に、弁護士に改めてお金を払う事になる訳です。いわゆる報酬金を払う事になります。この報酬金の数字も、状況によって大きく変わります。というのも離婚の手続きで回収できる金額は、色々あります。資産状況によって、回収できる金額も変わってきます。その回収した金額の15%前後に設定されている事務所が大きいです。ですから100万円回収できた時は15万円前後を払う事になり、200万円なら30万円といった具合です。この%の数字も、弁護士の事務所によって異なる訳です。ですから弁護士に対する費用支払いが何円程度になるかは、それこそ状況に左右される一面があります。多くの金額が回収できれば、それに応じた金額を払う事になる訳です。

ページトップへ